【2023-2024年】広島・鳥取・島根・岡山・山口のタイヤ交換時期はいつ?お得に履き替えるコツ

「夏タイヤから冬タイヤ」「冬タイヤから夏タイヤ」への交換時期は、毎年悩む方は少なくありません。天気予報を参考にしたり、周りの状況を見て交換時期を…..、と考えているうちに、雪が降り急いでタイヤ交換される方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に中国地方は、冬場に高速道路を走行しようと思うと、スタッドレスタイヤやチェーン規制が行われます。そのため、タイヤ交換時期を間違えると、走行できなくなる可能性があります。

そこで今回は、エリアを中国地方に絞り、タイヤ交換の最適な時期を解説していきます。中国エリアのドライバーが、いつ頃タイヤ交換を行っているのか?という独自調査結果も公開します

タイヤ交換のベストタイミングを知り、今年は急な降雪などにも備え、お得なタイヤ交換を実現しましょう。

▼この記事でわかること
・広島・鳥取・島根・岡山・山口のベストなタイヤ交換時期
・タイヤ交換をスムーズに行うためのコツ
・スタッドレスタイヤの寿命の見極め方
・お得にタイヤ交換するなら【タイヤ流通センター】がおすすめであること

タイヤ交換のタイミングはいつ?


中国エリアの鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県の方は、いつ頃タイヤ交換をしているのでしょうか?一般的なタイヤ交換時期を知っておくと、交換作業の混雑も避けられ、予定が立てやすくなります。
特に、広島県や中国エリアの山地は降雪が多いので、タイヤ交換時期には注意しましょう。
ここでは、中国エリアの方々のタイヤ交換時期について、独自調査結果も公開し見ていきます。

夏タイヤ→冬タイヤへの交換時期

中国地方全体での初雪は、県により変わりますが、12月上旬から中旬にかけて観測されています。また、江波山気象館によると、広島県では、12月中旬頃に初雪が観測されていることが多いです。
※参考:江波山気象館〈 広島県初雪観測

中国地方では、12月上旬から中旬に平野部で初雪が観測されるため、それより2週間程前に冬用タイヤに交換するのが安心です。11月上旬から中旬になったら、冬用タイヤへの交換を早めに検討しましょう。

タイヤ流通センターの独自調査結果では

タイヤ流通センターの独自調査によると、中国エリアでは夏用から冬用タイヤへの交換時期は「11月から徐々に増え始め、12月にピークを迎える」という調査結果が出ています。

※タイヤ流通センター

中国エリアでは、11月と12月で2倍近くの差があることが見て分かります。多くの方は、「12月になってからタイヤ交換をしよう」と考えているということです。

一方、中国エリア以外の県を見てください。兵庫県、奈良県、和歌山県でもピークは12月ですが、10月からタイヤ交換をしている方が中国エリアより多いという結果が出ています。つまり、中国エリア近隣の県の方は、「10月になったらタイヤ交換をしよう」と考えている方が多いということです。近隣の県の方は、11月以降に車で中国地方へ車で行っても安心できるよう早めにタイヤ交換を済ませているということです。中国地方の方も早めにタイヤ交換を行うことで、安心して車に乗ることができるといえるでしょう。

冬タイヤ→夏タイヤへの交換時期

中国エリアでは、何月頃スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに交換するのが最適なのでしょうか。それは、最低気温がマイナスにならない月が目安になります。気象庁の統計データによると、中国エリアでは3月から最低気温がマイナスにならなくなります。

※参考:気象庁〈 観測開始から毎月の値|広島県

最低気温がマイナスになると、路面凍結の恐れがあるためスタッドレスタイヤは必須です。そのため、最低気温がマイナスにならない月にノーマルタイヤに交換するのが最適といえます。
ただし、旅行などで雪のあるところや気温がマイナスになるところに行く予定がある場合は、それまでタイヤ交換は待った方がいいでしょう。
特に、高速道路を通行予定の方は、雪や路面凍結により規制がかかる可能性があるため交換時期の見定めは重要です。

タイヤ流通センターの独自調査結果では

タイヤ流通センターの独自調査によると、中国エリアでの冬用から夏用タイヤへの交換時期は「3月から4月にかけて最も多い」という事が判明しました。

※タイヤ流通センター

中国エリアでは、県によって変わりますが2月から3月にかけて最低気温がマイナスにならなくなります。路面凍結や降雪のことを考え、暖かくなり降雪も減る3月から4月に冬用タイヤから夏用タイヤへ交換する方が最も多いようです。ただし、山間部などへ車で行く予定がある方は、タイヤ交換は待った方が良いかもしれません。

山間部は平野部より気温が低く、路面凍結や雪が残っている可能性があるからです。実際に調査結果を見ても「5月にタイヤ交換をする」と答えている方が3月、4月より少ないですがいることからも分かります。

季節ごとのタイヤ交換はどうやってする?


年2回ある夏用と冬用のタイヤ交換、どこでしようか?というのも悩みどころです。タイヤ交換は様々なところでできますが、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。どこで交換するのが自分にとって最適なのか、ぜひ参考にしてください。

ディーラー

ディーラーは、そのメーカーの車を専門で扱うプロフェッショナルです。
ディーラーでタイヤ交換をしてもらうメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

ディーラーでタイヤ交換をするメリットは、次のようなものが挙げられます。

・車種に合ったタイヤを用意してもらえる
・作業の質が良い
・細やかなサービスが受けられる
・自宅まで取りに来てもらえる

ディーラーは、その車の「ベストな状態」を知っています。性能を最大限発揮できるタイヤや、乗り方に合ったタイヤなど、乗り手の意向に合うタイヤを用意してもらえる点が最大のメリットといえるでしょう。
また、作業の質が良いだけでなく、自宅まで車を取りにきてくれたり、交換の予約も融通を効かせてくれたりと、細やかなサービスが期待できるのもディーラーの良さといえます。

デメリット

ディーラーでタイヤ交換をするデメリットは、次のようなものが挙げられます。

・費用が高い
・時間がかかることがある
・タイヤ持ち込みができない場合がある
・希望のタイヤが用意できないことがある

ディーラーは、サービスの細やかさや作業の質の高さにより、費用が少し高くなるのがデメリットです。また、車検や点検などの車もたくさん受け入れているので、時間がかかる場合があります。そのため、急いでタイヤ交換をしたい方には不向きです。
さらに、メーカーとの契約などの関係で、希望通りのタイヤが用意できない場合や、タイヤの持ち込みができない・持ち込み料がかかる場合もあります。できるだけ交換費用を抑えたい方や早めにタイヤ交換をしたい方は、タイヤ専門店などに相談してみた方が良いかもしれません。

ディーラーのタイヤ交換は高いって本当?実際の料金を比較検証!お得にするコツも

タイヤ専門店

タイヤ交換は、タイヤ専門店で行うという選択肢もあります。
では、タイヤ専門店でタイヤ交換をするメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

タイヤ専門店でタイヤ交換をするメリットは、次のようなものが挙げられます。

・選べるタイヤの種類が豊富にある
・予算に合わせてタイヤを選べる
・タイヤの知識や作業の技術力が高い
・保証が充実している

タイヤ専門店でタイヤ交換をする1番のメリットは、タイヤの品揃えがどこよりも豊富で、予算や希望に合う最適なタイヤ選択ができるということです。ディーラーやガソリンスタンドも、結局はタイヤ専門店がタイヤを卸しています。つまり、タイヤが1番揃っているのは、タイヤ専門店なのです。
また、専門店ならではの技術力の高さや豊富な知識、タイヤそのものに対する保証の充実などからも、専門店でのタイヤ交換が安心できオススメです。

デメリット

タイヤ専門店でタイヤ交換をするデメリットは、次のようなものが挙げられます。

・繁忙期は混み合う
・タイヤによっては工賃が高くなる

タイヤ専門店は、安心して任せられると人気があるので繁忙期は混み合い、待ち時間が長くなることがあるという点がデメリットです。ただし、このデメリットは、どこで交換作業をお願いしても同じことが起こる可能性があります。なるべく混雑を避けてタイヤ交換をしてもらうためにも、事前に予約をしておくことをオススメします

また、タイヤの種類によっては工賃がやや高くなることがあります。サイズの大きいタイヤや偏平率が低いタイヤなどは、交換作業に高い技術が必要となるためです。タイヤ専門店には、タイヤに詳しいスタッフが常駐しているので、1度相談してみることをオススメします。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドもタイヤ交換ができる場所の1つです。
では、ガソリンスタンドでタイヤ交換をするメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

ガソリンスタンドでタイヤ交換をするメリットは、次のようなものが挙げられます。

・店舗数が多く身近な場所にある
・緊急時にも対応可能なことが多い
・ついでに給油や洗車もできる

ガソリンスタンドは、身近にある施設で店舗数が多く利用しやすいというのが1番のメリットです。思い立った時にすぐ行けることや、忙しく夜しか行けない方にとっては頼りになる場所です。
また、タイヤ交換ついでに給油や洗車も1つの場所で完了することもメリットといえます。

デメリット

ガソリンスタンドでタイヤ交換をするデメリットは、次のようなものが挙げられます。

・技術力に不安がある
・作業スピード重視の傾向がある
・品揃えが限られる

ガソリンスタンドにいる整備士の数は限られています。また、アルバイトなど経験が少ないスタッフがタイヤ交換を行うこともあり、ディーラーや専門店と比べると技術力に不安が残るという点があります。ガソリンスタンドは、回転率を上げて利益を上げる収益構造になっているので、丁寧で細やかな作業よりもスピードを重視する作業の傾向があります。
タイヤも売れ筋のものだけが置いてある場合が多く、希望通りのメーカーやグレードのタイヤが選べるとは限らないという点もデメリットだといえます。

ガソリンスタンドのタイヤ交換は安い?メリット・デメリットを徹底比較!

自分でする

自分でタイヤ交換をする、という方法もあります。
自分でタイヤ交換をする場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

自分でタイヤ交換をするメリットは、次のようなものが挙げられます。

・費用が安く抑えられる
・好きなタイミングで交換できる
・緊急時の対応スキルが身に付く

自分でタイヤ交換をすると、交換にかかる作業工賃がかなり節約できます。また、自分の好きなタイミングで交換できるため、時間の節約にも繋がるでしょう。パンクなどの緊急時に、スペアタイヤと交換するスキルが身に付くのもメリットだといえます。

デメリット

自分でタイヤ交換をするデメリットは、次のようなものが挙げられます。

・かなりの労力が必要
・きちんと交換できないと脱輪の危険がある
・ボルトやナットが壊れる恐れがある
・ジャッキアップ中に下敷きになる危険もある

1番のデメリットは「危険が伴う」ということです。タイヤが正しい状態で取り付けられていないと、脱輪・事故が起きる恐れがあります。また、力加減を間違え締め付けを行うと、ボルトやナットが壊れてしまうこともあります。車をジャッキで持ち上げている最中に、車が落ちたり動いたりする危険もあります。
自力でのタイヤ交換は、かなりの労力とスキルが必要で多くの危険も付きまといます。少しでも不安がある場合は、プロに頼んだほうが安心で確実です。

【専門家が解説!】自分でできるタイヤ交換方法について解説!

タイヤ交換は自分でできる?必要な工具やリスクについて徹底解説

タイヤ交換をスムーズに済ませるためのポイント


タイヤ交換を待たされずサッとスムーズに、しかもお得に済ませるコツを3つ、ご紹介します。

コツ①事前予約

タイヤ交換は、計画的に行うことが大切です。交換を先延ばしにした挙句、急に降った雪に慌てて交換に飛び込むと、半日から1日がかりになることもあるからです。
先にご紹介したタイヤ交換時期の目安を参考に、早めに交換の予約を入れておきましょう。

コツ②他の整備と一緒にする

タイヤ交換で車を整備に預けたついでに、他のメンテナンスも済ませてしまうのもオススメです。オイルやエレメントの交換、バッテリーの点検、ラジエター液の点検などまとめてチェックしてもらうことで、その都度車を持ち込む手間が省けます。他のメンテナンスも同時に済ませ、安心して車に乗りましょう。

コツ③使わないタイヤを預かってもらう

シーズンオフのタイヤはタイヤに合った環境で保管しておくことが長持ちの秘訣です。直射日光が当たる場所に置いておくと、タイヤにひび割れが起きたり、ゴムが硬化したりと、タイヤの寿命が縮む原因になります。
タイヤ交換後、そのままタイヤを預かってくれるお店もあります。保管サービスを上手に利用して、タイヤを長持ちさせましょう。

タイヤのベストな収納場所は?寿命を縮める保管場所や便利グッズも紹介

履き替えたタイヤのチェックはマスト!


安全運転のためにも、タイヤ交換時には必ずタイヤの性能チェックをしておくことをオススメします。万が一、不具合や異変に気づいた時はすぐに交換したところに連絡し、点検してもらいましょう。

タイヤの溝の減り具合を確認

タイヤの溝の減り具合のチェックは、とても大切なポイントです。タイヤの溝が浅くなると滑りやすくなり、とても危険だからです!ただ、どれくらい減ったら新しいタイヤに交換すべきか、というのは見てもよく分からない、という方が多いのではないでしょうか。

夏用タイヤは、残り溝が4mm以下になると性能が低下するため4mmが寿命と言われています。
冬用タイヤは、新品時から50%摩耗すると寿命と言われています。その判断は、プラットフォームという印で判断できます。プラットフォームは、スリップサインとは異なるため、間違えないように注意してください。
※参考:ブリジストン〈 タイヤの寿命と交換時期

タイヤの残り溝をチェックし、安心して車に乗りましょう。

プロにタイヤチェックを依頼

年2回のタイヤ交換を利用し、プロにタイヤの性能チェックをしてもらうのがオススメです。今のタイヤが、次の夏・冬も使えそうか、今の乗り方なら残り何シーズン乗れそうか、といった点も教えてもらえます。
タイヤのことで気になった時は、プロに相談し適切なアドバイスをしてもらいましょう。

余裕をもってタイヤを探そう

プロのタイヤチェックで次のシーズンには新しいタイヤが必要と言われたら、余裕をもってタイヤを探しておきましょう。慌てて探すと、繁忙期には専門店であっても在庫切れになってしまう可能性があります。
タイヤが必要な時は、余裕を持って探し、予算や希望に合うタイヤを購入しましょう。

まとめ

中国エリアのタイヤ交換の時期、タイヤ交換をするのにオススメの場所や、お得にタイヤ交換をするコツを解説してきました。

タイヤ交換時期を間違えると、事故に繋がってしまったり、タイヤを余計に消耗してしまう原因にもなります。
「交換が面倒」「まだ履ける、もったいない」と、つい遅らせてしまうタイヤ交換ですが、安心安全に車に乗るための重要な作業です。毎年タイヤ交換時期がやってきます。スムーズにお得に交換できるよう早めに検討・計画しましょう。

タイヤ流通センターでは、シーズン毎にお得なキャンペーンも多数開催されています。価格や品質、性能などこだわりに合わせたタイヤも必ず見つかります。お見積もりも簡単に行えますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

icon