宮崎でのタイヤ交換ならどこがおすすめ?安く済ませるコツも解説

数年に1回とはいえ、タイヤ交換には1回で数万円~十数万円が必要です。決して軽視できない出費、「できるだけ安く済ませたい」と思う人も多いのではないでしょうか。

では宮崎で、できるだけ節約しながらタイヤ交換を済ませるには、どのような工夫をすれば良いのでしょうか。この記事では宮崎でのタイヤ交換費用に注目し、質を落とさずに費用を抑えるコツを解説します。

次のタイヤ交換をお得にするヒントが満載です。ぜひ最後までチェックしてみてください。

▼この記事を読んでわかること
・宮崎でタイヤ交換する際、かかる費用
・宮崎でできるだけ安くタイヤ交換する方法
・宮崎でタイヤ交換できる場所
・タイヤ流通センターならお得にタイヤ交換ができること

タイヤ4本セットが¥8,900(税込¥9,790)~!
簡単3ステップで予約完了。初めての方でも安心♪

宮崎でのタイヤ交換にかかる費用一覧

タイヤ交換をお得に済ませるためには、タイヤ交換にかかる費用項目の理解が大切です。「交換工賃だけでタイヤを履き替えられる」と考えていると、予想外の出費に驚くことにもなりかねません。

どこでタイヤ交換をしても共通でかかる費用項目は、以下のとおりです。

  • タイヤ購入費(新しく購入し交換する場合)
  • 交換作業工賃
  • 廃タイヤ処分費用(外したタイヤを廃棄する場合)
  • エアバルブ交換費用
  • バランス調整費用
  • 窒素ガス充填費用

それぞれの内容を詳しく解説します。

タイヤ購入費

タイヤ交換を機に新品のタイヤに履き替える場合は、タイヤ本体の購入費用がかかります。タイヤはサイズや種類、品質、メーカーによってピンキリといえるほど、価格に幅があります。

◎ タイヤの費用が変動するおもな要因

  • 国産タイヤならブリヂストンが高価格帯。次いでYOKOHAMA、ダンロップなど。
  • アジア系の輸入タイヤが比較的安価。品質も国産と遜色なし。
  • 「静音性」「高燃費」など付加価値のあるタイヤほど高価格。
  • タイヤサイズが大きくなるほど、価格は上がる。

サイズや種類が車種に合わないタイヤを履くと、乗り心地が悪くなったり燃費性能が悪化したりする場合があります。愛車に合うタイヤがわからなければ、タイヤ専門店などプロに相談するのがベストです。

交換作業工賃

交換作業では「タイヤを車から外し、また取り付ける」作業と、「タイヤをホイールと脱着する」作業があります。交換作業にかかる工賃は、タイヤ1本あたり1,100円~2,200円(税込)が相場です。タイヤサイズが大きくなるほど工賃も上がる傾向にあります。

タイヤを持ち込んでの交換は工賃が割増しになるケースもあるため、事前に問い合わせておきましょう。

廃タイヤ処分費用

タイヤ交換で外したタイヤを処分する場合、廃タイヤ処分費用がかかります。タイヤは「適正処理困難物」といって、一般ゴミと同じルートでは処分できません。特別な施設で処理する必要があるため、費用がかかります。

廃タイヤ処分費用は、タイヤ1本あたり550円~1,000円が相場です。

「自分はもう使わないが、まだ溝が残っていて十分乗れる」「こだわりのタイヤなので、欲しい人がいれば譲りたい」などの場合は、買取サービスの利用を検討しましょう。タイヤ専門店「タイヤ流通センター」なら、プロが査定し市場価格に基づいてタイヤを買い取っています。
まずは店舗までお気軽にお問い合わせください。

宮崎エリアのタイヤ流通センターショップはこちらから

エアバルブ交換費用

エアバルブはタイヤに空気を注入する入口で、空気が抜けないように栓をする役割もはたしています。経年劣化、また空気圧調整の際の破損などもしやすく、定期的に新品への交換が必要です。

劣化したエアバルブを放置するとタイヤの空気がどんどん抜けてしまい、安全走行をおびやかします。タイヤ交換の際にエアバルブの交換を提案されたら、ぜひ交換しておきましょう。

エアバルブにはゴム製の「スナップインバルブ」と金属製の「クランプインバルブ」があり、費用相場は1本あたり330円~550円です。

バランス調整費用

バランス調整とは、タイヤの重心を中央に整える作業です。

タイヤはホイールの劣化・変形や溝のすり減りにより、重心が中心からズレる場合があります。重心のズレは偏摩耗を起こし走行に支障をきたすおそれがあるため、調整が欠かせません。

崩れたタイヤの重心を再度中心に整える作業が、バランス調整です。タイヤホイールに数グラムの重りをつけ、重心を調整します。タイヤのバランスは4本で整っていることが大切なので、バランス調整はタイヤ4本分をあわせて行います。

バランス調整の費用相場は1本あたり550円~1,100円程度です。

窒素ガス充填費用

一般的にタイヤには空気を充填します。しかし近年、窒素ガスの充填が普及してきました。窒素は空気より自然に漏洩しにくく、タイヤの空気圧を安定させる効果があります。温度による体積変化も少なく、年間を通して安定走行できる点もメリットです。

またタイヤの空気圧を常に適正に保つため、燃費も向上します。

タイヤに窒素を入れたい場合は、交換作業の際に相談してみてください。窒素ガス充填作業の費用相場は1本あたり550円程度です。

宮崎でタイヤをできるだけ安く買うコツ

車に乗る限り欠かせない作業ではありますが、タイヤ交換にはそれなりの費用がかかります。

なかでもタイヤ本体価格は、数万円から10万円を超えるケースも珍しくなく、タイヤ交換費用の大部分を占めます。物価が高騰する昨今、できるだけ安くタイヤを買いたい人も多いのではないでしょうか。

実はタイヤは、ちょっとした工夫でもっと安く購入できます。タイヤを安く買う方法を3つ紹介します。

タイヤ専門店を利用する

いままでディーラーやカー用品店、自動車整備工場などでタイヤを購入していた人には、タイヤ専門店の利用がおすすめです。タイヤ専門店とは名前のとおりタイヤを専門的に取り扱うショップで、専門店ならではの流通ルートを持っています。

独自の流通ルートで大量一括仕入れするため、世界中の高品質なタイヤを低価格で販売できる点がタイヤ専門店の強みです。他のショップでは取り扱いのないアジアンタイヤや個性的なタイヤも、タイヤ専門店なら何でもそろいます。

宮崎のタイヤ専門店なら、タイヤ流通センターをご利用ください。どこよりも豊富な品ぞろえを、どこよりも安くご提供しています。

宮崎エリアのタイヤ流通センターショップはこちらから

数秒で見積もりがわかるタイヤ流通センター「Web簡易見積もり」サービスも評判です。

タイヤ流通センターのWeb簡易見積もりはこちらから

ネット通販を利用する

インターネットの通販でもタイヤを購入できます。ショップが運営するネット通販やネット通販の専門店、ネットオークション、フリマアプリなどさまざまな媒体でタイヤが販売されています。

なかには驚くような低価格のタイヤもあります。価格の参考に、ぜひチェックしてみてください。

ネット通販でタイヤを購入する際は、次の2点に注意しましょう。

1. 持ちこんだタイヤを交換できる場所はあるか

ネットでタイヤを購入した場合、自分で交換しない限りどこかで作業してもらわなければなりません。交換作業が可能な場所のなかには「持ち込みタイヤお断り」「持ち込みタイヤの交換は割増料金」というところもあります。

ネット通販を利用する際は、購入前に持ち込みタイヤへの交換が可能な場所を探しておくと安心です。また費用もチェックしておきましょう。せっかく安く購入できても、交換費用が予想以上にかかっては本末転倒です。

2. 送料込か、送料別か

ネット通販では「送料」が問題になります。タイヤは重さと大きさのせいで、送料がかなりの額になるためです。「送料別」のタイヤだった場合、本体価格が安くても送料を加味したらショップで買うのと大差なかった、ともなりかねません。

ネットオークションやフリマアプリでは、送料別の出品がよく見られます。購入前にいまいちど確認しましょう。

参考:車のタイヤのサイズ・運賃について|クロネコヤマト

複数のショップから相見積もりをとる

気になるショップが複数あったら、相見積もりをとってみましょう。同じ条件で見積もりを取るために、以下の情報を伝えます。

  • 車種
  • 希望のタイヤ種類
  • 交換作業の希望日
  • その他、希望事項

希望のタイヤ種類がわからなければ、ショップスタッフに遠慮なく相談してください。「できるだけお得なタイヤ」「燃費の良いタイヤ」と伝えれば、ショップが最適なタイヤを選定してくれます。

また4月・12月などサマータイヤとスタッドレスタイヤの交換時期の前は、多くのショップでキャンペーンが行われます。キャンペーンを狙って見積もりを取ると、予想以上にお得に購入できるかもしれません。

宮崎でタイヤを交換すべきタイミング

「いま履いているタイヤをできるだけ長持ちさせたい」と思う人も多いかもしれませんが、タイヤには交換すべきタイミングがあります。

ではタイヤを交換すべきタイミングとは、いつなのでしょうか。2つのタイミングを解説します。

「交換のサイン」が出たら

タイヤには交換時期を知らせるサインがあります。サインは溝の残りが少なくなると出てきます。このサインが出たらそろそろ交換のタイミングです。

サマータイヤの交換サイン

サマータイヤは残溝の深さが1.6mmになると「スリップサイン」と呼ばれる印がでます。スリップサインが出たタイヤは道路交通法で装着・使用が禁止されているため、交換が必須です。

もしスリップサインが出ているタイヤで走行し、警察に見つかった場合は「整備不良車両」となり、2点の加点と6,000円~12,000円の反則金が科せられます

また使い始めてから5年以上経ったタイヤも、交換が推奨されます。タイヤはゴムでできており、紫外線や風雨の影響で劣化するためです。スリップサインが出ていなくても5年経ったタイヤは専門店で点検を受けましょう。

スタッドレスタイヤの交換サイン

スタッドレスタイヤには、サマータイヤと同じスリップサインのほかにも交換時期を知らせるサインがあります。「プラットホーム」と呼ばれる突起で、溝の残りが50%を切ると現れるようになっています。

スタッドレスタイヤには氷雪を力強くグリップする性能が必要です。タイヤのグリップ力は、溝によって生み出されます。残溝1.6mmのプラットフォーム露出まで使い続けるとグリップ力が低下しすぎるおそれがあるため、プラットフォームが出た時点で交換の準備を始めるのがおすすめです。

12月と3月

宮崎県内では、冬場のスタッドレスタイヤへの交換は必須ではありませんが、装着しておくと安心できるでしょう。最低気温が3℃~5℃の年が多く、積雪や路面凍結の可能性が少ないためです。

最低気温が0℃を下回ると、積雪や路面凍結の可能性が高くなりますが、宮崎では最低気温が0℃になる月がありません。40年程前は-0.2℃になっていますが、近年は3℃前後になっているので、積雪や路面凍結は少ないといえるでしょう。しかし、山間部などは平地より気温が下がる可能性があり、積雪や路面凍結の可能性があるので、万が一に備えてスタッドレスタイヤやタイヤチェーンの準備をしておくとより安心できるでしょう。

気象庁によると、3℃前後の月が多いのでスタッドレスタイヤはあまり必要ではないですが、安心のために履き替える場合のタイミングは、12月と3月がおすすめです。

気象庁|宮崎県の観測開始から毎月の値 (最低気温)

しかし、ウィンターレジャーや仕事で山間部に行く予定のある人や大分県や佐賀県に行く予定のある人は、まだ雪が残っている可能性があるため、スタッドレスタイヤへの履き替えは4月まで待った方が良いでしょう。

宮崎でタイヤ交換ができる場所とメリット・デメリット

もっともお得にタイヤ交換ができる場所はどこでしょうか。タイヤ交換ができる場所と、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

タイヤ専門店

タイヤ専門店には、タイヤのことなら何でも知っている「タイヤのプロ」が常駐しています。併設の整備工場で作業に当たる整備士もプロ揃いのため、タイヤ交換に関して何も心配いりません。

他店より豊富な品揃えのなかからタイヤを選べることや、品質の良いタイヤを低価格で購入できる点がメリットです。

カーユーザーからの人気も高く、繁忙期は交換作業が混み合う場合があります。スピーディーに交換を済ませるため、事前に予約を済ませておきましょう。

カー用品店

カー用品店は、タイヤ専門店に次ぐ品揃えが魅力です。タイヤ以外の用品も豊富に揃っており、交換作業をまつあいだにお気に入りのカー用品を品定めできる点がメリットです。

タイヤのラインナップは店舗により異なります。特殊なタイヤやこだわりのタイヤは取扱いがない店舗もあるため、事前に相談しておきましょう。

ディーラー

丁寧なサービスを受けたい人には、ディーラーでのタイヤ交換がおすすめです。車を取りに来てくれたり、待ち時間をゆったり過ごせたりとユーザー心をくすぐるサービスが受けられます。

ただし選べるタイヤの種類は限定的です。またタイヤ専門店などと比べると、タイヤ価格・交換工賃が上がる傾向があります。

ディーラーのタイヤ交換は高いって本当?実際の料金を比較検証!お得にするコツも

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでもタイヤ交換ができます。街のいたる場所にあり、急な飛び込みにも対応してくれる点で心強い存在です。

ただしタイヤは、基本的に店頭で取り扱っている中から選びます。また国家資格を持つ整備士がいる店舗は多くないため、アルバイトなどが交換作業を行う場合もあります。

ガソリンスタンドのタイヤ交換は安い?メリット・デメリットを徹底比較!

自動車整備工場

自動車整備工場は、交換工賃が良心的な傾向にあります。「ついでだから」と他の点検を一緒に行ってくれるなど、街の工場ならではの親近感あふれるサービスが受けられるでしょう。

タイヤ価格は比較的高めです。取り扱いのあるメーカーのタイヤしか用意できない工場も多いため、希望のタイヤがある人は事前に問い合わせておきましょう。

宮崎でのタイヤ交換ならタイヤ流通センター一択!

 

宮崎でタイヤ交換を「手軽に安く」済ませたいなら、タイヤ流通センターにご相談ください。

タイヤ流通センターは全国に展開するタイヤ専門店です。スケールメリットを活かした大量仕入れと独自の流通ルートにより、どこよりも安くタイヤをご提供します。

また購入いただいたタイヤには、2年間の「タイヤ安心保証サービス」をお付けします。釘踏み・悪路走行・縁石乗り上げによるパンクやバーストまでタイヤ代金を保証しています。

宮崎県内のタイヤ流通センター店舗一覧

宮崎県内は、1つのタイヤ流通センター店舗があります。お近くの店舗に、お気軽にご相談ください。

■タイヤ流通センター アップガレージ宮崎北店
【住所】宮崎県宮崎市島之内6720-1
【店舗ページ】https://www.tokyo-tire.com/shop/detail/185/

まとめ

宮崎でタイヤ交換をお得に済ませる場合、タイヤ交換にかかる費用の「総額」で比較することが大切です。タイヤ価格が安くても、送料がかかったり交換工賃が割り増しになったりすると、最終的な支払額がかさむ可能性があります。気になるショップから見積もりを取り、支払総額を比較しましょう。

タイヤ交換でもっとも費用がかかるのは、タイヤ本体代金です。タイヤの購入費用をいかに抑えられるかが、タイヤ交換費用の節約に掛かっているといっても過言ではありません。タイヤ本体を安く買うには、専門店の利用がおすすめです。

タイヤ流通センターの簡易見積もりを、いますぐお試しください。車種とタイヤサイズを入れるだけで、その場で見積もりを表示します。

タイヤ4本セットが¥8,900(税込¥9,790)~!
簡単3ステップで予約完了。初めての方でも安心♪

 

監修者:こげパン
現在、一級自動車整備士(整備士歴10年)として整備工場に勤務。専門学校卒業後、輸入車ディーラーに整備士として勤務、6年間で3社を経験。その他、「国家二級ガソリン自動車整備士」「国家二級ディーゼル自動車整備士」「アーク溶接」「低圧電気取扱者」の資格を保有。

icon