スタッドレスタイヤの予約はいつする?早めに予約を入れるメリット

冬になるとノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに交換する方は、多いのではないでしょうか。毎年のことなので、自分でタイヤ交換しようと思っても、工具を揃えたり作業も意外と大変で、店舗で行ってもらう人が多いのも事実です。店舗で依頼しようと当日行っても「予約がいっぱいで、作業して貰えない…」、という事も少なくありません。

そこで今回は、スタッドレスタイヤの予約はいつするのがベストなのか、早めに予約するメリットについて解説します。今年は、ベストなタイミングで予約を行い、スムーズにタイヤ交換を済ませましょう。

▼この記事でわかること
・スタッドレスタイヤの予約はいつすべきか
・早めに予約するメリット
・タイヤ流通センターならお得にスタッドレスタイヤ交換ができること

スタッドレスタイヤはいつごろ履き替える?


毎年、冬になるとスタッドレスタイヤに履き替える方は、多いでしょう。しかし、雪が降るタイミングが毎年変わるので、いつタイヤ交換すれば良いか悩みますよね。ここでは、スタッドレスタイヤはいつ頃履き替えるのが良いかについて見ていきましょう。

10月・11月が多い

スタッドレスタイヤに履き替えるタイミングは、地域により異なりますが10月や11月が多いです。北日本では、11月に雪が降り、東日本や西日本では12月や1月に雪が降り始めます。そのため、雪が降る前の10月や11月にスタッドレスタイヤへの履き替えを済ませる方が多いのです。

初雪が降る前には完了しておく必要

スタッドレスタイヤへの交換は、初雪が降る前に完了しておく必要があります。初雪が降る頃にノーマルタイヤだと、急に初雪が降ってきた場合に、対応できない可能性があります。

また、新品のスタッドレスタイヤは、100km~200kmの慣らし運転を乾燥路面で行う必要があります。慣らし運転を行うことで、タイヤ表面の薄皮が剥げ、タイヤ本来の性能を発揮できるようになります。

つまり、初雪が降る前に交換し、慣らし運転まで済ませておくのがベストになります。

【2023-2024年】広島・鳥取・島根・岡山・山口のタイヤ交換時期はいつ?お得に履き替えるコツ

【2023-2024年】東京・神奈川・千葉・埼玉(関東エリア)のタイヤ交換時期はいつ?お得に履き替えるコツ

【東北エリア】2023-2024年のタイヤ交換時期はいつがいい?お得に履き替えるコツ

【2023-2024年】北海道のタイヤ交換時期はいつが最適?お得に履き替えるコツ

タイヤ交換は急に行って即日してもらえるの?


タイヤ交換をしようと思っても、急に店舗に行って即日で作業してもらえるのか気になりますよね。ここでは、タイヤ交換は即日作業してもらえるかについて見ていきましょう。

基本的には即日は難しい

タイヤ交換は、ディーラーや整備工場、タイヤ専門店やカー用品店など専門業者に依頼する方が多くいますが、基本的に予約優先なので予約が埋まっていれば即日対応が難しいことがあります。他にも、自分の車に合うサイズのタイヤがない場合もあるので、注意しましょう。取り寄せしてもらってからの作業だと、かなり時間がかかってしまうこともあります。

また、季節の変わり目で、ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに交換する人が多くなる時は、かなりの時間待たなければならなくなる場合があります。事前に予約をしていた方が、スムーズにタイヤ交換を終えることができます。

予約が安心

タイヤ交換は、当日に行き依頼するのではなく、事前に予約しておくことをおすすめします。先に述べましたが、当日に行っても予約が埋まっていた場合は作業してもらえない可能性があります。また、合うタイヤサイズの在庫が無かったり、作業して貰えたとしてもかなり待たなければならなかったりします。

特に繁忙期となると、予約がいっぱいで待ち時間が長くなります。事前に予約していれば、その時間で作業してもらえ、タイヤの在庫も確保してもらえるので、安心してタイヤ交換に行くことができます。

スタッドレスタイヤの交換予約はいつごろ入れるべき?


スタッドレスタイヤへの交換予約は、いつごろ入れるのが良いでしょうか。「早すぎても、遅すぎても…..」と考える方もいるでしょう。ここでは、スタッドレスタイヤの交換予約について見ていきます。また、予約を入れるメリットも併せて紹介します。

9月~10月に予約を

スタッドレスタイヤの交換は、地域によりますが10 月~11月がピークになり、その頃には予約で埋まっていて、希望の日時に予約できない可能性があります。そのため、9月~10月の少し早めに予約を入れておくのが良いでしょう。9月~10月であれば、予約が取りやすいというメリットがあります。事前に予約を入れておくことで、スタッドレスタイヤへの交換がスムーズに行えます。

お買い得タイヤを確保しよう

広告に載っているようなお買い得スタッドレスタイヤは、メーカーに在庫がなくなると欠品となり購入することができません。秋が深まってくる頃には、スタッドレスタイヤの在庫がなくなっている可能性があります。お買い得タイヤを購入したい方は、早めに予約を入れることで確保できるというメリットもあります。早めに予約を入れていても、交換する日時は自分のタイミングに合わせて決めることができます。

希望のタイヤがある方は、早期予約を行い在庫の確保をしておきましょう。

【2023-2024年度】スタッドレスタイヤへの交換が安い時期とは?費用内訳、お店選びのポイント

スタッドレスタイヤへの交換は早めがおすすめ


スタッドレスタイヤへの交換は、早めに行うことがおすすめです。スタッドレスタイヤは雪道用ですが、早めに交換して乾燥路面を走行してもそれほど減りません。新品のスタッドレスタイヤは慣らし運転が必要で、乾燥路面を約200km走行してもタイヤは約0.04mmしか減りません。また、新品のスタッドレスタイヤは、慣らし運転を行うことでタイヤのゴムが本来の性能を発揮できるようになります。

つまり、スタッドレスタイヤへの交換は、計画的に早めに交換をしておいた方が急な雪にも対応できるのでおすすめです。

まとめ

今回は、スタッドレスタイヤの予約タイミングについて、タイヤ交換は即日に行ってもらえるのかなどについて解説しました。スタッドレスタイヤは、雪道を走行する上で必要不可欠なタイヤです。そのため、本格的な冬になる前の10月~11月に交換する方が多く、予約なしでは受け付けてもらえない可能性があります。また、タイヤの在庫がなくなる可能性もあるので、事前に予約をしておくのが良いでしょう。

事前の予約は、9月~10月頃に行うと希望のタイヤの在庫の確保もでき、希望の作業日時の予約も入れやすいのでおすすめです。今年は、早めに予約を入れて、計画的にスタッドレスタイヤへの交換を行いましょう。

タイヤ流通センターは、同じメーカーでもタイヤの種類ごとに価格が異なるという従来のわかりにくさを撤廃しました。同一メーカーなら、どのタイヤを選んでも均一価格でご提供します。

まずはWebから、タイヤ流通センターの「かんたん30秒見積り」をお試しください。

車種とタイヤサイズを選択するだけで、その場ですぐにお見積りをお出しします。店頭にないタイヤも、専門店ならではの流通ルートでお手配します。

icon